bmr

bmr>NEWS>アウトキャスト、ヒット曲”Ms. Jackson”について訴えられる。

NEWS

アウトキャスト、ヒット曲”Ms. Jackson”について訴えられる。

98年リリースのグラミー賞ノミネートアルバム"Aquemini"中の曲に名前を使用したとして、公民権運動のパイオニア、ローザ・パークス(Rosa Parks)に起訴された裁判がまだ係争中のアウトキャスト(Outkast)にジョージア州アトランタで新たな訴訟が持ち上がった。

フロリダ出身のジャクリーン・ジャクソン(Jacqueline Jackson)が、 2001年のヒット曲"Ms. Jackson"は、彼女の娘が10代で妊娠したことを題材に彼女が書いたものであり、ヒットに見合った金額の支払いを要求して法的手段に訴えた。歌詞の中の"bady momma’s momma"は自分のことだとも主張している。またジャクソンによると、アウトキャストの二人の高校時代の同級生で以前は一緒に仕事をしていたAntonio Sealsが曲を盗んだという。

ジャクソンは、テレビ番組"Celebrity Justice"に出演するなど自説を主張しているが、今のところアウトキャスト側からのコメントは特にでていない。(t)