bmr

bmr>NEWS>ディアンジェロ、マリファナ摂取、飲酒運転などで有罪を認める。

NEWS

ディアンジェロ、マリファナ摂取、飲酒運転などで有罪を認める。

1月9日にマリファナの摂取と飲酒運転で検挙されたディアンジェロ(D’angelo)が有罪を認め、罰金と執行猶予つきの服役を命じられた。あわせて300ドルの罰金と100日間の服役(執行猶予付き)、さらに18ヶ月の免許停止を命じられたとのこと。

ディアンジェロ、本名Michael Eugene Archerはヴァージニア出身で、地元Richmondの郊外を運転中に警察に停止させられ、薬物の使用が発覚した。彼はヒット曲"Brown Sugar"などで有名だが、この曲のタイトルも麻薬の一種を示す隠語として知られている。