bmr

bmr>NEWS>リュダクリス、南アフリカでビデオ撮影を敢行!

NEWS

リュダクリス、南アフリカでビデオ撮影を敢行!

先週、南アフリカ共和国のヨハネスバーグで開催されたMTV系列のアフリカチャンネルの開局祝賀イベントにウィル・スミス(Will Smith)とともに出演したリュダクリス(Ludacris)。同国の生活環境の改善などのためにチャリティー活動を行っている彼が、再びその地を訪れて最新シングル"Pimping All Over the World"のビデオクリップの撮影を行った。

これまでにも特に奇抜なアイディアのビデオクリップをとることで知られているリュダクリスは、今回、ダーバンという海辺の都市で3日間に渡って撮影を行ったという。しかも「今作は本当のアフリカでの経験を映し出したい」という彼の希望通り、アメリカから同行させた出演者の他に3人の現地人を急遽スカウトしたという。

そのうちの1人で南アフリカ警察官のDesiree Phillipsという男性は、「彼(リュダクリス)を見に行ったんだけど、まさか自分が彼のビデオに出演することになるなんて夢にも思わなかったよ。リュダクリスと握手をしたとき、彼やディレクター達から感じのいい挨拶をされたと思ったら、ビデオに出てくれないかって頼まれたんだ」とSunday Timesに語った。Phillipsの他にも、ビデオの中でメインとなる女性役に抜擢されたMathapelo Maimaneという23歳の女性やKwaBiyelaという部族のプリンスである23歳の男性、Maqhawe Biyelaが選ばれたそうだ。

またリュダクリスは同国のKwaZulu-Natal地区に不動産を購入するつもりだと明かしている。「休みにまた戻ってくるつもりさ。そうすれば色んな場所を見てまわる時間ができるだろ。今のところまだどこを買うか決めてないけどね。俺は仕事で世界中のいろんな国や大陸を訪れてきたけど、南アフリカは何日居てもホームシックにかからない唯一の場所なんだ。」と語り、アフリカに対する愛着心を覗かせた。

その"Pimping All Over the World"のビデオクリップは来月にMTVでプレミア放映される予定だが、6月には“Get Back”や“#1 Spot”のビデオクリップやチャリティー活動の一つとして行ったアムステルダム・ツアーの秘蔵映像などを収めたDVDがリリースされるという。(m)