bmr

bmr>NEWS>ロッカ・フェラのヤング・グールー、ギャング・スターのグールーから改名要請?

NEWS

ロッカ・フェラのヤング・グールー、ギャング・スターのグールーから改名要請?

ジェイ・Z(Jay-Z)やフリーウェイ(Freeway)、また最近ではメンフィス・ブリーク(Memphis Bleek)の新作で手腕を披露しているRoc-A-Fellaのお墨付きエンジニア、ヤング・グールー(Young Guru)が、ベテランMCのグールー(Guru)に改名を求められているという。

グールーはDJプレミア(DJ Premier)とともにギャング・スター(Gang Starr)として80年代後半から多数の傑作をリリース、ソロ活動を含め15年というキャリアを持つベテランMCなのだが、近年注目を浴びつつあるヤング・グールーについてMTVでこう語ったという。「彼の名前を聞いたときは耳を疑ったね。みんな『ハァ?』っていう感じだったよ。それでこっちから連絡を取ろうとしても返答がなかったから、より彼についての記事に注意をするようになったのさ。第一、自分の名前を売られるのは嫌だし、逆に俺の名前が歴史から消されることだってないだろ? それに『ヤング・グランドマスター・フラッシュ』とか『ヤング・クール・ハーク』なんて名前を聞いたこともないだろう。HIPHOPにはルールがあるんだよ」と、ニューソロアルバム"Guru: Version 7.0"にヤング・グールーに対する非難を含む曲を発表することを明かした。

これに対してヤング・グールーは「DJプレミアは俺の好きなプロデューサーだし、ギャング・スターも好きなグループだ。この名前でトラブルを起こすつもりもないし、なぜこんなことになったのかわからないよ。ただみんなには俺が87年からこの名前でDJをやってきたってことをわかってほしい。俺はラッパーじゃないし、グールーを脅かすつもりでもない。俺はエンジニアだ。別に誰も俺の名前を知らなくても構わないんだ」と語り、グールーと争うつもりも名前を変える意志もない様子だ。(m)