bmr

bmr>NEWS>50セントとマライアがUniversalの親会社の業績アップに大貢献。

NEWS

50セントとマライアがUniversalの親会社の業績アップに大貢献。

Island Def Jamグループ、Universal Motown Records、Interscope Geffen A&Mなどを傘下に持つフランスのメディア巨大複合企業ビベンディ・ユニバーサル社の業績アップに、50セント(50 Cent)とマライア・キャリー(Mariah Carey)が大きく貢献していると、Digital Music Newsが報じている。

4月の時点でトリプル・ミリオン(300万枚)を達成した50セントの"The Massacre"と、全米発売1週間で40万枚以上のセールスを記録して話題を呼んだマライア・キャリーの"The Emancipation of Mimi"(邦題『MIMI』)が、ビベンディ・ユニバーサル社のこの四半期の収益を昨年の同時期比で2億5千250万ドル(約270億円)もアップさせたとして、社報で発表されるなど異例評価を受けることとなったという。(t)