bmr

bmr>NEWS>ジム・ジョーンズ、新曲のPVがカナダのテレビ局で放送禁止。

NEWS

ジム・ジョーンズ、新曲のPVがカナダのテレビ局で放送禁止。

Diplomat Records Europeを設立するなど着々と勢力を拡大しつつあるディプロマッツ(the Diplomats aka Dipset)の主要人物であり、ソロdでの新作"Harlem: Diary of a Summer"をリリースしたジム・ジョーンズ(Jim Jones)。その新作からのファーストシングル"Baby Girl/G’s Up"のPVが、カナダ・トロントのテレビ局Much Musicによって放映を差し止められることになった。

SOHH.comによると、同曲のPVの中で出演者が"Stop Snitching(サツにチクるな)"とプリントされた黒いTシャツを着用していることが問題視されているという。ここ数ヶ月、トロントでは拳銃を用いた殺人・暴力事件の件数が33件までにのぼっており、彼のPVの影響で目撃証言が減少することが懸念されての措置とのこと。

ジム・ジョーンズ本人は「ビデオに(問題の)Tシャツを使用しているからといって暴力を支持しているわけじゃない」とコメントしたが、その言葉のとおり、近年彼はヒップホップ・サミットなどに積極的に参加しており、今後もワシントンで行われるコミュニティへの参加や非暴力、選挙への参加を呼びかける目的で開催される集会"Million Man March"へ参加する予定。(m)