bmr

bmr>NEWS>カニエ・ウェストとのCM契約破棄情報について、ペプシ社がこれを否定。

NEWS

カニエ・ウェストとのCM契約破棄情報について、ペプシ社がこれを否定。

既報のとおり、カニエ・ウェスト(Kanye West)のブッシュ非難発言が様々な波紋を広げている。最近、カニエとタイアップ関係にあるペプシ社が、この発言を理由にを彼をCMから外したという噂が持ち上がり、ペプシ社が人種差別を支持しているとして同社の商品のボイコット運動がカリフォルニアを中心に呼びかけられていた。

事の発端は「ボイコットオーガナイザー」の異名を持つShondell Townsが「カニエ降板」のメールとペプシ社製品の不買を呼びかけたことで、その動きが徐々に全米に広がった模様。これに対して、ペプシコーラ・ノースアメリカ社側は降板の噂は誤りであると訂正し、今週からCMがオンエアされることを約束した。

2002年、ペプシ社はリュダクリス(Ludacris)のCM起用を人気キャスターBill O’Riley氏に非難され、これに喚起された一般視聴者から多数の抗議を受けた。この圧力に対してペプシ社は問題のCMの放送を中止、リュダクリスとの契約を破棄していたことから、今回の噂が信用されやすい状況にあったと思われる。(m)