bmr

bmr>NEWS>カナダの政治家が50セントのカナダツアー開催に懸念を表明。

NEWS

カナダの政治家が50セントのカナダツアー開催に懸念を表明。

主演映画"Get Rich or Die Tryin’"の劇場公開日にペンシルバニア州ピッツバーグで映画を見に来ていた男性1人が銃で撃たれて死亡する事件が起こるなど、暴力的な歌詞とソレに伴うイメージがついてまわる50セント(50 Cent)。彼のカナダツアーを目前にして、トロントの議員Dan Mcteague氏からカナダ入国管理局局長Joe Volpeに、「50セントの入国を拒否することができないか」という相談が持ちかけられているという。

Mcteague氏は「50セントの2年前のトロント公演でも発砲事件が起きている。暴力を助長する彼をカナダは歓迎しないということを知らせるべきだ」と主張する。入国管理局のスポークスマンSteven Heckbert氏によると「入国管理局が介入するかどうかについてのコメントは控えるが、50セントのように犯罪歴があるアーティストの場合でも一般的に入国は許可されている」とのこと。またツアーがブッキングされた時点で入国許可をとっている可能性もあるようだ。

50セントのカナダツアーは来月3日のバンクーバーを皮切りにハリファックス、セントジョン、ケベック・シティ・モントリオール、トロント、オタワと主要7都市で開催される予定になっている。(t)