bmr

bmr>NEWS>バスタ・ライムス、トレードマークのドレッドヘアーをばっさりカット!

NEWS

バスタ・ライムス、トレードマークのドレッドヘアーをばっさりカット!

"It Ain’t Safe No More"(’02)以来約4年ぶり、ソロ通算7枚目となる新作"Big Bang"の発売日が待たれるバスタ・ライムス(Busta Rhyms)。その新作からのリードシングルとなる"Touch It"のビデオクリップの撮影を前に、彼のトレードマークのドレッドをバッサリと切った。

断髪式(?)は彼のクルーやカメラマンらが見守る中、ニューヨークのヘアサロンで決行され、カメラの撮影と同時進行しながらドレッド一本一本をバスタ自らの手で切っていったという。彼はバリカンで髪の長さを整えている間、「89年の12月からドレッドヘアを伸ばしてたんだぜ。17の時から。だがもう(ドレッド)髪をとかす必要もないな」とカメラに向かってコメント、さらに「ここ15年間は自分の頭にハサミが当たる感触を味わってないな。全部終わったらお前たちが見たこともないようなセクシーな頭が登場するぜ」といつもの調子で冗談を飛ばしていたという。

現在、バスタのヘアスタイルは五分刈りほどのボウズで、その姿はまもなく全米でオンエアーがスタートする"Touch It"のクリップで見ることができるとのこと。ちなみに"Touch It"は"Touch It, Bring It縲鰀"という気だるい女性ボーカルのサビと、プロデュースを手がけたスウィズ・ビーツ(Swizz Beats)によるタイトなキック、ハイハット、スネアなどのシンプルなビートにバスタの野太いラップが冴えたフロアチューン。アルバムの制作にはドクター・ドレー(Dr.Dre)、スコット・ストーチ(Scott Storch)、クール&ドレー(Cool & Dre)、ティンバランド(Timbaland)らが参加していると伝えられており、来年の早い時期に発表されることになりそうだという。(m)