bmr

bmr>NEWS>チノXL、年明けにお蔵入り状態になっていたアルバムと正真正銘の新作を発表。

NEWS

チノXL、年明けにお蔵入り状態になっていたアルバムと正真正銘の新作を発表。

’96年のデビュー作"Here To Save You All"と、クール・G・ラップ(Kool G. Rap)やサイプレス・ヒル(Cypress Hill)のBリアル(B-Real)を招いたセカンド"I Told You So"のみと、アーティスト歴の長さから見るとリリースには恵まれてこなかったニュージャージー出身のプエルトリカン・ラッパー、チノXL(Chino XL)。彼を知る者たちの間では、あのエミネム(Eminem)を『Fake Chino XL(チノXLの偽物)』と言わせるほどシャープなラップとリリックスキルを兼ね備えた実力派マイカーで、スウェイ&テック(MC Sway & DJ King Tech)による"Morning Show"への参加で知られる彼だが、’98年に完成したものの配給先のAmerican Recordingsの財政難によりお蔵入り状態となっていた"Poison Pen:The Lost Tapes"が来年31日に全米リリースされることが決定した。

実に8年越しとなる同アルバムにはゲストとしてラス・カス(Rass Kass)や元アーティファクツ(the Artifacts)のテイム・ワン(Tame-One)、スパーブ(Superb)、プロデューサーとしてニック・ウィズ(Nick Wiz)、キング・テック(King Tech)が参加しているという。

またこのリリースにあたり、最近、複数のサイトで彼がドクター・ドレー(Dr.Dre)のAftermath Recordsを含むいくつかのメジャーレーベルからのオファーを断ったという噂が飛び交っていたが、[チノXL]は次のようなコメントを出し否定している。「誤解が生じないように言っておくが、俺はInterscopeやその周囲のレーベルからの誘いを断ったとは一言も言ってないぜ。きっと前に俺と仕事をしたやつが言ったことだろうな。もうすぐアンダーグラウンドレベルで"Poison Pen"っていうニューアルバムを発表するけど、(その配給先である)スウェイ&テックのBolo/Universalと契約を結ぶことができて喜んでいるところだ。それに春にはメジャーレベルで"Confirmation"というアルバムを出す予定。なぜ今になって"Poison Pen"を出すかって? それを聴きたいと思ってくれてるファンがいるからだよ」。

"Confirmation"に収録されるかどうかは定かではないが、彼はバンB(Bun B)やポール・ウォール(Paul Wall)、クルックド・アイ(Crooked I)、ザ・ゲーム(The Game)、ダイレイテッド・ピープルズ(Dilated Peoples)のエヴィデンス(Evidence)らとの曲作りを行ったと伝えられている。(m)