bmr

bmr>NEWS>ジェイ・Zがチャットに登場、フォクシー・ブラウンの病状などについてコメント。

NEWS

ジェイ・Zがチャットに登場、フォクシー・ブラウンの病状などについてコメント。

Roc-A-Fella・Def JamのCEOとして多忙を極めるジェイ・Z(Jay-Z)がレーベルオフィシャルサイトでファンサービスの一環としてチャットに登場、直接ファンの質問に答えた。これは15日に行われたもので、現在rocafella.com上にそのログが公開されている。彼は、フォクシー・ブラウン(Foxy Brown)がロサンゼルスの病院で聴覚回復手術を受けたこと、彼と50セント(50 Cent)とが共同でエグゼクティブプロデューサーを務めるフリーウェイ(Freeway)の新作が完成に近づいていること、ビーニー・シーゲル(Beanie Sigel)はRoc-A-Fellaに所属しているが今は自分のレーベルのほうへ力を注いでいるといった近況などについてコメント。

フォクシーは感音難聴だった両耳の手術を受けたとのことだが、術後の経過も順調で、今後2、3週間をかけて徐々に聴覚が戻る見通しだという。

ジェイ・Zはさらに先週急逝したJ・ディラ(J.Dilla aka Jay Dee)へのトリビュート曲を制作するつもりであるとも書き添えている。(m)