bmr

bmr>NEWS>モブ・ディープ、移籍初アルバムにG-ユニットのメンバーが勢ぞろい。

NEWS

モブ・ディープ、移籍初アルバムにG-ユニットのメンバーが勢ぞろい。

メイス(Mase)やM.O.P.の新しいホームとして、またサウスの大人気プロデューサー、リル・ジョン(Lil’ Jon)がパートナーシップ契約を結ぶなど拡大の一途をたどる50セント(50 Cent)のG-Unit Records。そこへ先陣を切って参入し、曲の制作を行ってきたクイーンズのベテランコンビ、モブ・ディープ(Mobb Deep)が移籍第一弾目となるアルバム"Blood Money"を来月21日にリリースする。

ゲストとして50セントロイド・バンクス(Lloyd Banks)らG-ユニット(G-Unit)の全メンバー、プロデューサーにアルケミスト(the Alchemist)、G-ユニットのトラックメイカー、シャー・マニー・XL(Sha Money XL)、ドクター・ドレー(Dr.Dre)らG-Unit/Aftermathクルーが総力をかけてバックアップしている同作。しかしモブ・ディープのハヴォック(Havoc)は「モブ・ディープは何にも変わっちゃいないぜ。50も思うとおりにやってほしいって言ってくれたし、ちゃんと理解してくれてる。だからコアなファンでもファンじゃなくても、このアルバムを聴いたら、俺たちが10年もシーンで生き残ってることを納得してくれると思うぜ」とベテランとしての健在ぶりをアピールした。

なお、今作こそ参加していないようだが、一昨年に、モブ・ディープはレーベルメートとなったM.O.P.とのジョイントアルバムの計画中であることを発表している。(m)