bmr

bmr>NEWS>スリー・6・マフィア、ヒップホップアーティストとして2度目のオスカーを受賞!!

NEWS

スリー・6・マフィア、ヒップホップアーティストとして2度目のオスカーを受賞!!

5日、ロサンゼルスのコダックシアターで授与式が行なわれた「第78回アカデミー賞」で、"Hustle & Flow"の主題歌で、映画の舞台ともなったメンフィス出身のラップグループ、スリー・シックス・マフィア(Three 6 Mafia)の"It’s Hard Out Here for a Pimp"が最優秀主題歌賞を獲得した。

DJポール(DJ Paul)とジューシー・J(Juicy J)というトラックメイカーの2人、クランチー・ブラック(Crunchy Black)を主要メンバーとするスリー・シックス・マフィアは、式ではパフォーマンスも行なったのだが、授与式の数日前に受賞したときのため、『ビッチ(bitches)』という言葉を卑しい女という意味の『ウィッチ(witches)』に変えるなど歌詞に手直しを加えたようだ。そのことについて、パフォーマンス後にジューシー・Jは、「歌詞を全部変えたんだぜ。自分の母親が見てる前で汚い言葉は使えないからな」リポーターたちにコメント、さらに今回の受賞がヒップホップをさらに大衆化する後押しとなったのでは、と聞かれると、「イエス、イエス、身の回りを見ても、ラジオでもテレビでも、ヒップホップが(他の音楽を)取って代わってるぜ」などと語った。

一方、彼らのシングル"Stay Fly"は昨年からヒット中だが、今回受賞した"It’s Hard Out Here for a Pimp"はこれまでほとんど評価されてこなかった曲だけに、HIP HOPシーンとオスカーの距離感が如実に現れた結果と見る向きも多い。彼らの受賞は、ヒップホップ曲として、2003年度に受賞したエミネム(Eminem)の"Lose Yourself"(『8マイル』)以来、また授与式でパフォーマンスを行なった初のヒップホップアーティストとなるという。

この"Hustle & Flow"に出演したリュダクリス(Ludacris)だが、もう一本の出演作"Crash"が作品賞、脚本賞など3本のオスカー像を受賞する晴れ舞台を味わった。ちなみに現在日本でも公開中の"Crash"、オスカー受賞を受けて公開劇場数が増やされる予定とのこと。(m)