bmr

bmr>NEWS>新旧カリスマMC、ナズとラキムが再びコラボレート?

NEWS

新旧カリスマMC、ナズとラキムが再びコラボレート?

80年代後半からヒップホップシーンをリードし、現在のビッグネーム・ラッパーの多くが影響を受けたアーティストとしてその名を挙げる"The God"ことラキム(Rakim)と、90年代のラップゲームに多大な影響を与えた"God’s Son"ことナズ(Nas)が、MTVの番組で今後のコラボレートすることを公言した。これまで幾度となく比較され、最重要MCと評されてきた2人だったが、そろってカメラの前に登場したのは初めてのことだという。

収録現場にいた人々が注目する中、ラキムは「俺とナズはずっと前から一緒にやろうって話していた。俺達の周りにいる奴らも、世間も期待してくれている。俺たちのコラボレートが相乗効果を生み、それに見合うトラックが見つかれば、そろそろ実現していい頃だと思う。一緒にやろうぜ」とナズに問いかければ、ナズは微笑んで「そのつもりだ」と答えたという。しかし、現時点ではリップサービスの域を出ておらず、現在2人が制作しているそれぞれの新アルバムでこのコラボレートが実現するかは定かではない。ラキムナズの2人は2003年、アリシア・キーズ(Alicia Keys)の"Streets of New York"で一度共演を果たしている(アルバム"A Diary of Alicia Keys"日本盤などに収録)。

同時にラキムは、現在制作中の新アルバム"The Seventh Seal"はメジャーレーベルからのリリースになるが、納得できるアルバム作りをするために、自身のレーベルを立ち上げるつもりであることも発表した。また最近ではディプロマッツ(the Diplomats aka Dipset)やキャムロン(Cam’ron)を評価するコメントも出している。一方のナズは、Def Jamデビュー作となる新アルバムについては言及を避けたようだ。(t)