bmr

bmr>NEWS>新作のリリースを控えたジャネット・ジャクソンの過去の音源が流出。

NEWS

新作のリリースを控えたジャネット・ジャクソンの過去の音源が流出。

プロデューサーチーム、[ジャム&ルイス](Jimmy Jam & Terry Lewis)とタッグを組んでいることとや、発売が9月末になるということ以外は詳細情報が聞こえてこないジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)のニューアルバム"20 Years Old"。しかしその彼女の未発表の音源がインターネット上で流出したことを受けて、ジャネット・ジャクソン本人がコメントを出した。

流出したのは"Put It On Me"という曲で、2年前ほどにリッチ・ハリソン(Rich Harrison)を迎えて制作されたものだという。「数年前に何曲か彼と作ったわ。でもニューアルバムにはそのどれも入れるつもりはないの」と彼女は米AP通信に対して声明で語ったジャネット・ジャクソンだが、さらに「私の場合、一度録った曲は全部ちゃんと管理しているから」などと余裕の返しだったという。

ところで、彼女の実兄のマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)は経費節減のため自宅ネバーランドを一時的に閉鎖したことは既報のとおり。各紙が報じたところによると、3億ドル(約350億円)を超えるとされる債務を返済するため、Sony/ATV Music Publishing LLCと共同所有しているビートルズ(the Beatles)の楽曲の版権をソニー(Sony Corporation of America)へ売却する可能性があるという。マイケル・ジャクソンは1985年にビートルズの楽曲の版権を購入。しかし91年に半分をソニーに売却。現在マイケル・ジャクソンが所有するビートルズの楽曲は約200、時価総額は推定10億ドル(約1200億円)とされており、ソニーは債務の返済の代わりとしてそれらを手放すよう求めているとのこと。(m)