bmr

bmr>NEWS>クール&ザ・ギャングのチャールズ・スミス氏が死去。

NEWS

クール&ザ・ギャングのチャールズ・スミス氏が死去。

アメリカを代表するジャズファンク/ソウル・バンド、クール&ザ・ギャング(Kool & The Gang)のギターリスト、チャールズ・スミス(Claydes Charles Smith)氏が20日に逝去した。57歳だった。

ニュージャージー州ジャージー・シティで誕生したスミス氏は、1966年にベース奏者のロバート"クール"ベル(Robert "Kool" Bell)、その弟でサックス担当のロナルド(Ronald Bell aka Khalis Bayyan)と、クール&ザ・ギャングの基となるバンドを結成。グループの代表曲"Celebration"を始め、"Hollywood Swingin’"や"Jungle Boogie"、"Joanna"や"Take My Heart"などの制作に携わった。

死因はまだ明らかではないが、彼はここ最近で体の調子が芳しくなく、今年に入るとグループ・ツアーへの参加も断念していたという。(m)