bmr

bmr>NEWS>ザ・ルーツのメインラッパー、ブラック・ソートもDef Jamを批判!?

NEWS

ザ・ルーツのメインラッパー、ブラック・ソートもDef Jamを批判!?

ジェイ・Z(Jay-Z)がトップの座に就いたDef Jamについて、レーベル最古参のLLクールJ(LL Cool J)に続いて不満を表明するアーティストが現れた。その名はブラック・ソート(Black Thought)、Def Jamと新たに契約してニューアルバム"Game Theory"をリリースしたばかりのおなじみザ・ルーツ(the Roots)のメインラッパーだ。

彼は「おれもDef Jamに足しては批判的だね。俺は自分のやるべき仕事をしっかりこなそうとしてきた。でも集中しなきゃいけないときにいろんなことが山積みになったとしたらどうだ? どんなレーベルに居たとしても、結局は自分でどうにかしなきゃいけないってことだな」とコメントしている。

ザ・ルーツの新作"Game Theory"は先行シングル"Don’t Feel Right"なども含め特に目立ったプロモーションは行われておらず、チャートアクション、各メディアの評価ともに振るわないようだ。