bmr

bmr>NEWS>ライムフェストがイギリスのキャメロン保守党党首と会談。

NEWS

ライムフェストがイギリスのキャメロン保守党党首と会談。

イギリスの2大政党のひとつ、保守党の現党首であるデビッド・キャメロン(PM David Cameron)議員と、シカゴ出身のラッパー、ライムフェストが会談を行うというニュースが入ってきた。

これはキャメロン党首がラジオのインタビューで、昨今のヒップホップミュージックについて「ナイフや火器の所有を励行する傾向があり、好ましくない」と語り、放送を禁止する可能性を示唆したことが発端となった。これに対しライムフェストが公開質問状を送付、コモン(Common)の傑作"Be"などを例に挙げて、現代のヒップホップが全て反社会的なわけではないとアピール。「もし自分が中年の政治家でラップについて何も知らずラジオのスイッチを入れたと想像すれば、あなたが感じたことは十分に理解できる」ともコメントする一方、「もし少しでも話す時間をもらえれば、本物のラップというものが単に殺人やナイフの音楽ではないということが分かってもらえるはずだ」と挑戦。

キャメロン党首はなんとこれに応じ、ロンドン現地時間の19日に両者のプライベートな会談が持たれたという。いまのところ、会談後のコメントなどはまだ入ってきていない。