bmr

bmr>NEWS>サウスの重鎮UGKが、待望の新作を年内にリリース。

NEWS

サウスの重鎮UGKが、待望の新作を年内にリリース。

現在のように「サウス」がヒップホップシーンの主流となるはるか以前の80年代末から活躍していたサウスの重鎮、ピンプ・C(Pimp C)とバン・B(Bun B)からなるUGKのおよそ5年振りとなる7枚目のアルバムが12月19日にJive Recordsから発売されることになった。

その名もずばり"U.G.K. Underground Kingz"と題された新作は、新曲ばかり20曲を収録した2枚組アルバムになるようだ。大半の曲はメンバーのピンプCによるプロデュースとのことだが、他にもジャジー・フェイ(Jazzy Pha)、リル・ジョン(Lil John)らサウスを代表するヒットメーカーに加え、スウィズ・ビーツ(Swizz Beats)、3曲を手がけたスカーフェイス(Scarface)などの名前がクレジットされている。ゲストにはリック・ロス(Rick Ross)、スリム・サグ(Slim Thug)、スリー・シックス・マフィア(Three Six Mafia)、ウィリーD(Willy D)、そしてアウトキャスト(Outkast)第3のメンバーと評されるスリーピー・ブラウン(Sleepy Brown)などが参加、ベテランの脇を固めている。

中でも注目は、オールドスクール時代から第一線で活躍を続ける御大マーリー・マール(Marley Marl)プロデュースによる"H-Town"で、ジュース・クルー(Juice Crew)のメンバーでこちらも超ベテランのクール・G・ラップ(Kool G Rap)とビッグ・ダディ・ケイン(Big Daddy Kane)の2人が華を添えているという。ファーストシングルは、ジャジー・フェイによる"Stop & Go"に決定しており、"2 Kind Of B*****s"と"Chrome Plated Woman"の2曲もカップリングされているとのこと。(t)