bmr

bmr>NEWS>レオナルド・ディカプリオ主演の映画『ブラッド・ダイアモンド』公開に、ヒップホップ業界も騒然!?

NEWS

レオナルド・ディカプリオ主演の映画『ブラッド・ダイアモンド』公開に、ヒップホップ業界も騒然!?

本日全米公開となるレオナルド・ディカプリオ主演の映画『ブラッド・ダイアモンド(原題)』にヒップホップ業界も揺れている。

この映画はアフリカの1991年に始まったシエラレオネ内戦を描くことで、ダイアモンド産業が内戦の資金源となり、貧困と暴力を招く要因となっていることを訴えるもの。『ブラッド・ダイアモンド』のサウンドトラックにはナズ(Nas)が楽曲を提供しているほか、"Diamonds are Forever"をヒットさせたカニエ・ウェストや、レイクウォン(Raekwon)、ポール・ウォール(Paul Wall)らが出演するTVドキュメンタリー"Bling: A Planet Rock"の放映も予定されており、ダイアモンド産業に対する警戒を呼びかける動きがあちこちで活発になっている。

これに対しデビアスなどダイアモンド産業側がイメージ悪化を危惧、NY TimesによるとWorld Damond Councilがこの9月からキャンペーンを展開している。実は先日伝えられたラッセル・シモンズ(Russel Simmons)のアフリカ訪問もこのキャンペーンにのっとったもので、彼はあくまでダイアモンド産業の立場から、「正しい商品を買えばアフリカを豊かにできる」と訴えていた。一方で、この発言の根拠となるダイアモンド流通の監視体制、「キンバリー・プロセス」の効果を疑問視するアムネスティ・インターナショナルやNGO団体Grobal Witnessのレポートも報告されている。

ヒップホップ・アーティストの間ではダイアモンドで身を飾ることがステイタスとなっており、この問題に対する注目が寄り集まることになりそうだ。