bmr

bmr>NEWS>DJカール・ブレイズ、回復ならず。

NEWS

DJカール・ブレイズ、回復ならず。

今月初めに銃で撃たれ重体となっていたPower 105.1のパーソナリティー、DJカール・ブレイズ(DJ Carl Blaze)が、23日午後に入院先のNY・ハーレム病院で死亡した。30歳だった。

この事件はカール・ブレイズがDJを行ったナイトクラブから自宅へ帰る途中、何者かに撃たれたもの。彼が身に付けていた"CB"のロゴ入りダイヤモンドチェーンがなくなっていたことから強盗目的だとされているが、NY市警は事件の直前まで一緒にいた女性ラッパーから事情を聞く予定だという。

事件後、局でパーソナリティーを務めるデジャ・ヴ(Deja Vu)が「放送中にこの知らせを受けてすごくショックだった。リスナーに知らせる時もすぐ言葉が出てこなかった。…人生の儚さを強く感じたわ。無分別な暴力のために人生はあまりに短いものになってしまうのよ」とAllHipHop.comへコメントを寄せている。なお現在、局の公式ホームページに"You’ll Foever Be In Our Hearts, Carl.(カールはいつまでも我々の心に)"という追悼の言葉が掲げられている。(m)