bmr

bmr>NEWS>公私共に充実のビヨンセ、9週目となるシングルチャート1位をキープ。

NEWS

公私共に充実のビヨンセ、9週目となるシングルチャート1位をキープ。

アカデミー賞で最多となる8部門のノミネートを受けた『ドリームガールズ』が17日から日本でもロードショーが開始されるなど、話題に事欠かないビヨンセ(Beyonce)の"Irreplaceable"が、今週もフォール・アウト・ボーイズ(Fall Out Boys)の"This Ain’t a Scene, It’s an Arms Race"を凌ぎ、9週目のビルボードシングルチャートHot 100の1位をキープしている。

トップ10内の動きは、Popチャート1位のネリー・ファータド(Nelly Furtado)の"Say It Right"が2週連続で3位につけているほか、エイコン(Akon) の"I Wanna Love You"は5位にランクダウン、グウェン・ステファニー(Gwen Stefani)の"The Sweet Escape"が、デジタル部門の最多売り上げを記録し19位から6位に、リュダクリス(Ludacris)とメアリー・J.ブライジ(Mary J. Blige)の"Runaway Love"が最多エアプレイを獲得し11位から7位に順位を上げた。ジム・ジョーンズ(Jim Jones)の"We Fly High"が8位、ファーギー(Fergie)の"Fergalicious"が9位、とトップ10内をキープする中、ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timeberlake)の"What Goes Around… Comes Around"が、"SexyBack"、"My Love" ft. T.I.に続き3曲連続のトップ10入りを果たしている。

一方、アルバムチャートでは、マイアミの超人気R&Bグループ、プリティ・リッキー(Pretty Ricky)のセカンドアルバム"Late Night Special"が132,000枚のセールスで、アルバムチャート200とR&B/Hip-Hopの両部門で初登場1位に輝いた。リードシングル"On the Hotline"も好調でRhythmic Top 40とUrban Radioチャートではすでにトップ10入りしており、Hot 100では72位から12位へとジャンプアップしている。2005年のデビュー作"Bluestars"が56,000枚で初登場16位だったことからも大躍進が期待できる彼らは、同アルバムで先月末に日本デビューも果たしており、国内版も7日に発売予定とのこと。(t)