bmr

bmr>NEWS>スコット・ストーチがティンバランドをディス!? トッププロデューサー同士の対決開始か?

NEWS

スコット・ストーチがティンバランドをディス!? トッププロデューサー同士の対決開始か?

ラップスター同士の舌戦はもう既におなじみだが、今度はプロデューサー同士の対決が見られることになりそうだ。

先日MTVで放映された"My Blocks"のヴァージニア編で、同州出身アーティストの一人として紹介されたティンバランド(Timbaland)。彼が最新シングル"Give it to Me"の歌詞中、「I’m a real producer and you just the piano man(オレが本物のプロデューサー、お前はただのピアノマン)」とラップしていることについて、このピアノマンというのはスコット・ストーチ(Scott Storch)のことだと発言。「オレと同じレベルにいるのはドクター・ドレー(Dr. Dre)とファレル(Pharrell)だけだ」とコメントした。

これを受けてスコット・ストーチはすぐさま自らが推す新人ラッパー、ノックス(Nox)をフィーチャーした"Built Like Dat"を発表、反撃に出た。ティンバランドがこれに応じるかはまだ不明だが、こういったケースはアーティスト間の対立の数多いヒップホップシーン全体でも珍しい。

スコット・ストーチザ・ルーツ(the Roots)のメンバーでもあったプロデューサーで、50セント(50 Cents)やクリス・ブラウン(Chris Brown)のヒットなどを手がけている。