bmr

bmr>NEWS>リル・パンプが待望の新作を発表 カニエ・ウェスト、リル・ウェインら参加 [全曲フル試聴可]

NEWS

リル・パンプが待望の新作を発表 カニエ・ウェスト、リル・ウェインら参加 [全曲フル試聴可]

Lil Pump - Harverd Dropout

2017年に“Gucci Gang”が全米シングル総合チャートで最高3位まで上昇するヒットになったことで知られる18歳の新進ラッパー、リル・パンプ(Lil Pump)が、待望の新作『Harverd Dropout』を22日に発表した。

2000年生まれ、キューバ系とメキシコ系の血を引くリル・パンプは、同じマイアミの友人であるスモークパープとの交流からサウス・フロリダのアンダーグラウンド・ラップ・シーンに登場。2016年頃からsoundcloudに楽曲をアップロードし始め、“Lil Pump”や“D Rose”、“Boss”といった曲は、そのキャッチーさから再生数が数百万回を超える反響を呼び、Warner Bros. Records傘下のTha Lights Globalとのメジャー契約を獲得した。

そして2017年8月に発表した“Gucci Gang”が、インターネット上で話題を呼ぶことでバイラル・ヒットを記録する。繰り返し「グチゲン・グチゲン・グチゲン・グチゲン……」とタイトルを連呼するこの曲から、徹底的に「gucci gang」と言っているパートを取り除くことで曲がわずか40秒で終わってしまうという編集を施したビデオが話題になったことから端を発し、「“Gucci Gang”遊び」がインターネット・ミーム化。これにより、チャートイン8週目にはトップ10入りを果たし、チャートイン12週目となる2017年12月2日付チャートでは3位まで上昇するヒットとなった。

また2018年には、「Let’s get it」の訛った表現として「Esketit」(エスケリー)という言葉を連呼することが話題となり、これを逆手に取って4月に“Esskeetit”を発表し、全米シングル総合チャートで初登場24位を記録。そして9月にはカニエ・ウェストとのコラボレーション曲“I Love It”を発表すると、ミュージック・ビデオをポルノ動画サイトの祭典〈Pornhub Awards〉でプレミア公開するという戦略だけでなく、そのビデオ映像でも大きな反響を呼んだ。スパイク・ジョーンズが監修で参加したこのミュージック・ビデオは、ゲーム『Roblox』のキャラクターを思わせる姿に扮したリル・パンプとカニエの姿が印象的で、人気司会者のジェームズ・コーデンを筆頭に、このビデオを真似する #ILoveItChallenge がSNSを中心に話題となり、“I Love It”は全米シングル総合チャートで初登場6位というヒットとなった。

こうした中、リル・パンプの新作『Harverd Dropout』は長らく待たれていた。昨年1月の時点でタイトルを明らかにし、4月には完成したと報告。その前月には、およそ800万ドル(およそ9億円)とされる契約金でWarner Bros.との契約を更新したと報じられ、期待を高めていた。しかし、8月17日の18歳の誕生日に発売を予定し、9月から11月にかけての全米ツアーも決定していたものの、『Harverd Dropout』は発売されず、9月14日に一時発売延期したが、結局リリースされることはないまま、その後ツアーも「不測の事態」によりキャンセルになっていた。

だが、今年1月になってようやく『Harverd Dropout』を2月22日に発売すると改めてアナウンス。この予告どおり、今月22日についに発売された。

ついにリリースされた『Harverd Dropout』は全16曲を収録しており、“Esskeetit”や、“Drug Addicts”、“I Love It”、“Multi Millionaire”といった既発シングルも収められている。また、“I Love It”に参加したカニエ・ウェスト(Kanye West)や、“Multi Millionaire”に参加したリル・ウージー・ヴァート(Lil Uzi Vert)を始め、スター・ラッパーのリル・ウェイン(Lil Wayne)から、トゥー・チェインズ(2 Chainz)、YG、ミーゴスのクエヴォ(Quavo)とオフセット(Offset)、盟友スモークパープ(Smokepurpp)まで、様々なラッパーたちがゲストとして迎えられている。

制作陣は、CB・ミックスことクリス・バーネット(Chris “CB Mix” Barnett)、ディアブロ(Diablo)、ロニー・J (Ronny J)といった前作『Lil Pump』を手がけたプロデューサーたちが続投。中でも、チャンス・ザ・ラッパーらも手がけてきたCB・ミックスは、“Esskeetit”や“I Love It”など7曲を担当するメイン・プロデューサーという扱いだ。他にも、ダニー・ウルフ(Danny Wolf)、フィズル(Fizzle)といった過去にリル・パンプと組んだことのある面々を中心に参加している。

なお、『Harverd Dropout』はデジタル先行リリースとなっており、フィジカルCD盤は3月1日の発売予定となっている。

1. Drop Out [prod. by Diablo]

2. Nu Uh [prod. by Danny Wolf & Misogia]

3. I Love It (Lil Pump & Kanye West) [prod. by Kanye West, DJ Clark Kent & Chris "CB Mix" Barnett / add'l prod. by Ronny J]

4. ION (feat. Smokepurpp) [prod. by Diablo, Smokepurpp & CB Mix]

5. Fasho Fasho (feat. Offset) [prod. by CB Mix]

6. Racks On Racks [prod. by Diablo & Diamond Pistols]

7. Off White [prod. by Fizzle]

8. Butterfly Doors [prod. by CB Mix]

9. Too Much Ice (feat. Quavo) [prod. by TreeGotti]

10. Multi Millionaire (feat. Lil Uzi Vert) [prod. by Danny Wolf, Dilip & Hanzo]

11. Vroom Vroom Vroom [prod. by Ronny J]

12. Be Like Me (feat. Lil Wayne) [prod. by CB Mix]

13. Stripper Name (feat. YG and 2 Chainz) [prod. by Fizzle]

14. Drug Addicts [prod. by Dee Money & Baby Winsch]

15. Esskeetit [prod. by CB Mix & Lil Pump]

16. Who Dat [prod. by CB Mix]