bmr

bmr>NEWS>ウータン・クラン、ニューアルバムをまずヨーロッパ限定でリリースか?

NEWS

ウータン・クラン、ニューアルバムをまずヨーロッパ限定でリリースか?

今年夏にリリース予定と発表されていたウータン・クラン(Wu-Tang Clan)の6年ぶりとなるスタジオ録音アルバム"8 Diagrams"が、オンラインカジノの運営で知られるボードッグ・グループ傘下の世界的音楽レーベルBodog Musicにより、9月にヨーロッパ限定で発売されることが決定した。

ボードッグ社CEOのカルヴィン・エアー氏は「ヒップホップ界の最高峰であり、今なお唯一無二の存在であるウータン・クランとわが社の世界的な音楽配給部門がタッグを組めば、可能性は無限に広がるだろう」とコメントを寄せた。ウータン・クランは、ゴーストフェイス(Ghostface)、RZAGZAレイクウォン(Raekwon)、メソッド・マン(Method Man)、インスペクター・デック(Inspectah Deck)、マスター・キラー(Masta Killa)、U-ゴッド(U-God)にカパドンナ(Cappadonna)を加えたメンバー全員によるヨーロッパツアーも予定しており、その先駆けとして7月5日、6日にはロンドン、マンチェスターでのライブが決定しているようだ。

オール・ダーティ・バスタード(Ol’ Dirty Bastard)のファーストアルバム制作時の未公開音源も収録されているという"8 Diagrams"は、9月7日にドイツで先行発売された後、10日に英国をはじめとする他のヨーロッパ諸国で発売となる。一方、先ごろこの作品の制作を発表したSteve Rifkind率いるLoud RecordsがUS盤をリリースするのか、詳細は不明。

関連して、ウータン・クランは、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(Rage Against The Machine)、パブリック・エネミー(Public Enemy)と共に本国米国でもサマーツアーが予定されている。(t)