bmr

bmr>NEWS>エイコン、ライブでのセクシャルなダンスを理由にグウェン・ステファニーのツアーから降板。

NEWS

エイコン、ライブでのセクシャルなダンスを理由にグウェン・ステファニーのツアーから降板。

4月12日、トリニダードで行ったライブ中に、観客の中から選ばれた未成年の少女とセクシャルなダンスを披露したことが批判を集めているエイコン(Akon)。非難の声が一気に広がったことから、フロントアクトとして参加するグウェン・ステファニー(Gwen Stefani)のツアーから降板、さらに米携帯大手のVerizonがエイコンとのスポンサー契約を破棄、「着うた」ラインナップから彼の楽曲を引き上げることを決定した。

4月から開始されているグウェン・ステファニーの"the Sweet Escape"ツアーだが、このツアーについてもVerizonがスポンサーから降りことを決定。そのため、エイコンは降板を余儀なくされた模様。

優勝者にはアフリカ旅行が商品となるという触れ込みのダンスコンテストに参加し、選び出されたDanah Alleyneという15歳の少女(当初は14歳と報道)とセックスを思わせるいくつかのスタイルでパワフルなダンスを披露したエイコンだが、その映像がネットやテレビで取り上げられたことが問題を大きくしたようだ。トリニダードでは既に会場となったナイトクラブ、Zenが18歳以下の客を受け入れていたことを問題視する動きも出ており、なんと首相であるPatrick Manning自ら、調査を進めると発言。Alleyne嬢は国内のテレビに出演、謝罪会見を行い「あんなことになるなんて思っても居なかった。ショックを受けたし、床に頭をぶつけた」と語ったという。