bmr

bmr>NEWS>まもなく新作を発表するカール・トーマス、バッド・ボーイ離脱を正式に認める。

NEWS

まもなく新作を発表するカール・トーマス、バッド・ボーイ離脱を正式に認める。

透き通った歌声で"I Wish"や"She is"などのヒットを生んできたシンガー、カール・トーマス(Carl Thomas)。2004年のセカンドアルバム"Let’s Talk About It"の後、リリースが途絶えていたためにディディ(Doddy)との不仲を理由にBad Boy レーベルから離脱したといった憶測が飛び交っていたのだが、カール・トーマスがBET.comのインタビューで真相を明らかとした。

「2004年のハロウィンに兄のデュランサニーを銃事件で失ったんだ。R&Bとか音楽活動をする気になれなかった。あの時は本当に辛くて」と語ったカール・トーマス。その彼を励ましたのは友人でプロデューサーのマイク・シティ(Mike City)だという。「彼が俺をスタジオに連れ戻してくれた。もう一度音楽をやるべきだと気付かせてくれたんだ」。

彼はマイク・シティと共にニューアルバム"So Much Better"を制作、来月5日に自身のレーベルThom Tunesとマイク・シティのUnsung Entertainmentから、国内盤はフォーミュラ・レコーディングスから5月30日に先行発売となる予定。

またBad Boyとは契約こそ終了させたものの、「パフと個人的な問題があったわけじゃない。スタジオでレコーディングをするうちにお互いのクリエイティビティに違いを感じるようになったんだ。それを自分の音楽に出したくないって思った」と音楽性の違いを理由として上げている。またMySpaceの自身のページでも「仕事上でのことで、パフとは今もお互いを尊重し合える関係にある」などと述べている。(m)