bmr

bmr>NEWS>久々シーン復帰のボーン・サグスン・ハーモニー、ボビー・バレンティノが、アルバムチャートTop3入り。

NEWS

久々シーン復帰のボーン・サグスン・ハーモニー、ボビー・バレンティノが、アルバムチャートTop3入り。

スウィズ・ビーツ(Swizz Beatz)がエグゼクティブプロデューサーを務めたボーン・サグスン・ハーモニー(Bone Thugs-n-Harmony)のメジャー復帰作にして7枚目となる最新作"Strength & Loyalty"が、12万枚に迫るセールスを記録、今週のビルボードアルバムチャート200で初登場2位の好スタートを切った。ボーン・サグスン・ハーモニーが同チャートのトップ10入りを果たしたのは、2000年の"BTNHResurrection"以来となる。エイコン(Akon)を擁したシングル"I Tried"も、シングルチャートHot 100で6位まで順位を上げている。

3位に初登場したのは、音源リークの影響で発売延期を余儀なくされていた[ボビー・バレンティノ](Bobby Valentino)のセカンドアルバム"Special Occasion"(92,000枚)で、ティンバランド(Timbaland)とのシングル"Anonymous"も52位と初登場でHot 100入りを果たした。また、先週の初登場1位を飾ったニーヨ(Ne-Yo)の"Because Of You"は4位にランクダウン、他の初登場組では、キャムロン(Cam’ron)とジム・ジョーンズ(Jim Jones)の関係が危惧されるディプロマッツ(the Diplomats)のクルー総動員によるコンピレーションアルバム"DukeDaGod Presents Dipset: More Than Music, Vol. 2"が26位にランクインしている。

一方シングルチャートでは、これまで7週連続で最多エアプレイを獲得し、すでにR&B/Hip-Hop部門で3週連続1位をキープするT-ペイン(T-Pain)の"Buy U a Drank (Shawty Snappin’)"が、ついにHot 100で自身初となるトップの座に輝いた。7週連続最多エアプレイは、2003年リリースのビヨンセ(Beyonce)の"Baby Boy"以来とのこと。またなにかと話題のR・ケリー(R. Kelly)とアッシャー(Usher)による"Same Girl"は、エアプレイを伸ばしHot 100では79位に初登場、R&B/Hip-Hop部門では11位までランクを上げてきている。(t)