bmr

bmr>NEWS>サウス生え抜きのパスター・トロイ、新作のタイトルが物議を醸す。

NEWS

サウス生え抜きのパスター・トロイ、新作のタイトルが物議を醸す。

"Pastor Troy For President"、"Universal Soldier"、"By Any Means Necessary"がプラチナ認定、2005年にUniversal Recordsを離脱した後も、インディでリリースした3作も70万枚以上を売り上げているサウス系ラッパー、パスター・トロイ(Pastor Troy)。今年夏には通算9枚目のアルバムを予定しているが、そのタイトルを急遽変更する事態となった。

元々のタイトルは"Saddam Hussein(サダム・フセイン)"。しかしタイトルを理由に取り扱いを拒否する小売店が出たことを受けて、"Tool Muziq"へと改名したとのこと。「『サダム』っていうタイトルは、支配的なラップ業界にカムバックしたことの喩えで、イラク戦争とか政治的な意味合いはない。いつも軍隊には助けられてるし、オレも彼らを応援してるんだぜ」とパスター・トロイ

"Saddam Hussein"改め"Tool Muziq"には、ギャングスタ・ブー(Gangsta Boo)、D4Lのファボ(Fabo)、ヒットマン・サミー・サム(Hitman Sammy Sam)らがゲストとして参加しているという。(m)