bmr

bmr>NEWS>盛り上がりすぎて世界各地で気温上昇? ライブ・アースが無事終了。

NEWS

盛り上がりすぎて世界各地で気温上昇? ライブ・アースが無事終了。

世界8カ所での地球温暖化への意識を高めることを目的に開催されたライブアースが7月7日に開催された。リアーナ(Rihanna)やイグジビット(Xzibit)、リンキン・パーク(Linkin Park)やAIが参加した日本公演も大盛況となったが、イギリス、アメリカ、オーストラリアなどの各公演や開催が危ぶまれたブラジル公演なども無事に行われた模様。

世界各地に映像で登場した主催者の一人アル・ゴア氏(Al Gore)が地球温暖化に対する対策を訴えたほか、多くのトップアーティストが登場し、メッセージを含めたパフォーマンスを行った。イギリス公演に参加したマドンナ(Madonna)は「エネルギーを節約しようという話をたくさん聞くことができるようになった。でもいまはおもいっきりエネルギーを燃やして、スタジアム中、ジャンプして!!」と呼びかけ、熱狂的なステージングを披露したとのこと。

また当然ながら、今回参加したアーティストが言葉だけでなく自ら温暖化対策を実践しているかどうかを問う動きも多く、カニエ・ウェストが通常のパフォーマンスに終始し、コメントを発することがなかったことや、ポリス(Police)とのセッションを行ったジョン・メイヤー(John Mayer)の「自分は100%エコなアーティストとは言えない。だってツアーを回れば(移動時に)車をたくさん走らせることになるからね」とのコメントなども注目されている。

ライブ・アースは24時間、世界各地で連続開催され、100組を超えるアーティストが参加。ライブ会場を訪れた観客、TVやインターネットでの視聴者を含めて推定20億人が視聴したという。