bmr

bmr>NEWS>リトル・ブラザーの2人が新作についてコメント。「9thとは’04年以来一緒にスタジオに入っていない」

NEWS

リトル・ブラザーの2人が新作についてコメント。「9thとは’04年以来一緒にスタジオに入っていない」

新作"Get Back"のリリース詳細を発表したリトル・ブラザー(Little Brother)。11曲という曲数の少なさやプロデューサーであるナインス・ワンダー(9th Wonder)のグループ離脱、意外なゲストの人選などでファンの間に波紋を呼んでいるが、本人たちがSOHH.comにコメントを発表した。

メンバーのフォンテ(Phonte)によると「(2003年のデビューアルバムの)"the Listening"以来、オレたちは2人でプロデュースをやってきたんだ、ビート作りってことじゃなくてね。ナインスたちが送ってきたビートをどういう曲にするか、そういう意味で自分たちでプロデュースしてきた。だから今回もものすごく変わったわけではないのさ」と説明。さらに「実際、ナインス・ワンダーとは2004年以来一緒にスタジオに入っていない」という発言も飛び出した。

新作の内容については、「(前作)"the Minstrel Show"より明るくなってる。業界のインチキについて気を回すのは止めたんだ」とフォンテがコメントすれば、もう1人のメンバー、ビッグ・プー(Big Pooh)も「オレたちはただ音楽を作って楽しむ、ってところに立ち返ったんだ。考え込むのは止めてね」と語っている。

またこのアルバムはヒップホップの良質な音源をリリースしているインディ・レーベルABB Recordsからのリリースとなるという。プロデュースには同じクルーであるジャスタス・リーグ(Justus League)のクライシス(Khrysis)や、イルマインド(Illmind)を迎えているとのこと。