bmr

bmr>NEWS>ナインス・ワンダー、ソロアルバムを10月にリリース。

NEWS

ナインス・ワンダー、ソロアルバムを10月にリリース。

将来を嘱望されるプロデューサーの一人、ナインス・ワンダー(9th Wonder)のソロデビュー作となるアルバム"the Dream Merchant vol.2"が、10月9日にリリースされることになった。

ナインス・ワンダーは、収録全13曲のプロデュースをすべて1人で行い、自ら所属していたグループ、リトル・ブラザー(Little Brother)のMC2人はもちろん、サイゴン(Saigon)、ショーン・プライス(Sean Price)、バックショット(Buckshot)、キャンプ・ロー(Camp Lo)、ロイス・ダ・ファイブ・ナイン(Royce Da Royce Da 5’9")、さらには新人スカイズー(Skyzoo)、ジョー・スカッダ(Joe Schudda)といった自ら厳選したリリシストを迎えている。

これまで手がけてきたジェイ・Z(Jay-Z)、デスティニーズ・チャイルド(Destiny’s Child)などのビッグネームの起用がないことについて、ナインス・ワンダーは「有名無名を問わず、純粋に俺と音楽を作ることを望んでいるアーティストばかりを選んだ。俺にとってはそれが一番重要なのさ」と述べている。

またこのアルバムに収録予定のモス・デフ(Mos Def)、メンフィス・ブリーク(Memphis Bleek)、ジーン・グレー(Jean Grae)が参加した"Brooklyn In My Mind"は既に一部で、過去にPart.2まで作られた名曲"Crooklyn"の第3弾として話題を呼んでいたもの。これら注目曲を含む"Dream Merchant vol.2"はSix Hole/Hall of Justus Recordsからリリースされる予定。