bmr

bmr>NEWS>差別用語をアルバムタイトルに決定したナズに対し、政治家から8,400万ドル分の脅し!?

NEWS

差別用語をアルバムタイトルに決定したナズに対し、政治家から8,400万ドル分の脅し!?

そのメッセージ性と詩情で評価されてきたラッパー、ナズ(Nas)が新作タイトルを差別用語である"Nigger"とすると発表したことに対し、新たな批判の声が政治家から上がっている。

フォート・グリーン選出の州議会議員Hakeem Jeffriesが発表したもので、このアルバムをそのまま発表するようであれば、ナズが所属するDef Jamの親会社であるUniversalグループとVivendiから8,400万ドル(約95億円)の資金を引き揚げさせるというのだ。これは州の年金基金が同社に対して投資している資金のことで、要請を受けたThomas DiNapoli年金監査官は、現在Universalと連絡を取っており、このアルバムの発売を中止するように求める考えであるという。

UniversalやDef Jam、ナズ側の反応は明らかになっていない。

※諸出時、金額の表記を誤っておりました。ここに訂正してお詫びいたします。