bmr

bmr>NEWS>ナズ、タイトルが物議を醸す新作についてコメント。

NEWS

ナズ、タイトルが物議を醸す新作についてコメント。

政治家までが差別用語を冠するタイトルに反発を表明したナズ(Nas)の新作について、本人がRolling Stone誌にコメントを寄せている。

これによると、もともと前作"Hip Hop is Dead"が今回問題となっているタイトル"Nigger"としてリリースされる予定だったが、彼とそのレーベルは「それができる状況ではない」と判断してタイトルを変更。「『ヒップホップは死んだ』と言うのはオレが感じていたことでもあったからね。今度はこれ("Nigger")の番が来たんだ」とコメント。さらに「これは子供にセックスの話をするのに似てるんだ。誰でもやりにくく感じるものだろ? オレもこのタイトルのアルバムを誰もが売ってくれるとは思ってない。ただ、人々が心を開いて少しでも恐れを捨て、きちんと向き合ってくれればいいと願う。ただのアルバムだし、俺のやっていくことの中の、ほんの一部に過ぎないのに。でもこれはオレのお気に入りになるだろうね」と語っている。

さらにナズは全米各地で起こっているアフリカン・アメリカンに対する嫌がらせについても「憎しみの新たな展開だ。バラク・オバマが登場したことがきっかけになってるんだよ。人々の無知と恐怖、ねたみが、国中に怒りを巻き起こしてる。今年は本当にシリアスな年だ」とコメントした。