bmr

bmr>NEWS>レイクウォン、ウータン・クランの新作リリースを1ヶ月後に控えRZAに対する不満を表明。

NEWS

レイクウォン、ウータン・クランの新作リリースを1ヶ月後に控えRZAに対する不満を表明。

メンバーのゴーストフェイス(Ghostface)のソロ最新作"The Big Doe Rehab"との12月4日の同日発売を回避し、新アルバム"8 Diagrams"のリリースを12月11日に控えるウータン・クラン(Wu-Tang Clan)。ところがゴーストフェイス(Ghostface)に続きレイクウォン(Raekwon)までが、実質的リーダーのRZAに対して、音楽の方向性と金銭面に関する不満を表明、リリースが危ぶまれる事態に発展しかねない状況になっているようだ。

NYのラジオ局Hot 97の人気パーソナリティ Miss Infoがレイクウォンとのインタビュー記事を自身のブログで公開したもので、RZAウータン・クランの新作にギターやピアノなどの要素を多く入れようとしていることに他のメンバーが不満を抱いており、RZA抜きで新たにアルバムを制作する動きさえでてきているという。また夏のツアーのギャランティが全額支払われていないと訴えていたゴーストフェイス同様、レイクウォンも「友達から金を盗むなんてありえない」とRZAを非難している。

レイクウォンの発言に対し、RZAは金銭問題には触れず「俺は、これまでと同じハードなリリックとヒップホップのイメージを違うビートに乗せて新たな音楽の世界を少し表現したいだけだ。それぞれの好みがあるから皆が気に入ってくれるとは思わないが、リスナーを刺激したいと思っている」とだけコメントを寄せている。(t)