bmr

bmr>NEWS>カニエ・ウェスト、母親への歌を歌おうとしてステージ上で立ち尽くす。

NEWS

カニエ・ウェスト、母親への歌を歌おうとしてステージ上で立ち尽くす。

母親の急逝から一週間たった17日、カニエ・ウェスト(Kanye West)がパリでライブを行った。このライブの終盤に亡くなった母ドンダ・ウェスト博士へ捧げた曲"Hey Mama"をラップしようとしたカニエは、「マザー」という言葉を発して後、そのままステージに立ち尽くし涙を流したという。

People.comや、YouTubeにアップされた映像によると、彼はバンドが曲を演奏し続ける中、両手で顔を覆ったままスポットライトの中に立ち尽くした。観客は彼を励まそうと「カニエ! カニエ!」と叫び続け、DJやバンドメンバーが彼に歩み寄り、声をかけた後、カニエは再度この曲をパフォーム。しかし曲の途中で再びラップできなくなり、一度ステージを離れたという。10分後にステージに戻ったカニエはヒット曲"Stronger"をラップし、ライブを締めくくったとのこと。この"Stronger"の中の一節、"I need you right now"(今、お前が必要だ)というフレーズをひたすら繰り返したカニエ・ウェストに、オーディエンスも熱狂で返し、心を動かすステージとなったようだ。

カニエ・ウェストは先週木曜日のスケジュールをキャンセルしたものの、金曜にシカゴで行われた母の追悼式には姿を見せず、パリでのライブも、誰もがキャンセルするものと考えていた模様。ところが金曜日にはパリのホテルに到着し、土曜日のステージに備えたという。ただし月曜のアムステルダム公演はキャンセルしてアメリカに戻り、オクラホマで火曜日に行われる葬儀に参列予定。しかしその後、木曜日にはロンドンでのライブを予定しており、こちらもキャンセルするつもりはないようだ。