bmr

bmr>NEWS>アイク・ターナーの検視結果が発表、コカインの過剰摂取が死の引き金に。

NEWS

アイク・ターナーの検視結果が発表、コカインの過剰摂取が死の引き金に。

昨年12月12日、76歳でなくなったベテランアーティスト、アイク・ターナー(Ike Turner)の解剖結果が公表され、死因はコカインの過剰摂取と複数の持病が関連したものと結論付けられた。

当初は彼が元からわずらっていたという肺気腫が死因と推測されていたが、さらに心臓の血管にも病変があった上、コカインの過剰摂取が病状を悪化させて死に至ったという。

アイク・ターナーはティナ・ターナー(Tina Turner)とのコンビ、アイク&ティナなどで知られるアーティストで、複数のグラミー賞受賞歴があるヒットメイカーだった。