bmr

bmr>NEWS>ジェイ・ZのCEO退任後もRoc-A-FellaはDef Jam内残留へ。

NEWS

ジェイ・ZのCEO退任後もRoc-A-FellaはDef Jam内残留へ。

ジェイ・Z(Jay-Z)が昨年いっぱいでヒップホップ系名門レーベルDef JamのCEOを退任したことに伴い、彼の率いるレーベルRoc-A-Fellaやその所属アーティストの去就に注目が集まっていたが、引き続き両者の契約は存続されることが確認された。

billboard.comが報じたもので、最近相次いで新作をリリースしたフリーウェイ(Freeway)やビーニー・シーゲル(Beanie Sigel)がRoc-A-Fellaを離脱するとの噂を否定するのにあわせて発表された情報となっている。同レーベルにはジェイ・Zはもちろん、カニエ・ウェスト(Kanye West)や、ヤング・ガンズ(Young Gunz)、トゥルー・ライフ(Tru Life)などのラッパーたちが所属している。

ただし最近のRoc-A-Fellaは所属アーティストのプロモーション活動にも積極的には動いておらず、ビーニー・シーゲルらは不満の声をもらしている。さらに元々の所属アーティストであるラッパー、ピーディ・ピーディ(Peedi Peedi)が今週、ジェイ・Zを非難する曲を発表しており、引き続き不安定な状況は続くことになりそうだ。