bmr

bmr>NEWS>パーティラッパー、ピットブルが、自作を「ダウンロードして焼いてくれ」と訴える?

NEWS

パーティラッパー、ピットブルが、自作を「ダウンロードして焼いてくれ」と訴える?

昨年末、ニューアルバム"Boatlift"を発表しているマイアミのパーティ・ラッパー、ピットブル(Pitbull)が、ファンにちょっと変わったメッセージを訴えている。なんと彼のこのアルバムを「買わずにダウンロードして、CDに焼いてくれ」というのだ。

Latina.comとのインタビューで語っているもので、これは所属レーベルTVTの社長Steve Gottliebに対する反抗だという。「(オレのアルバムを買うなということは)別にオレをサポートしないでくれってことじゃない。彼をサポートするなったことだ」とコメント。どうやら彼はレーベルを通じてDJカレド(DJ Khaled)、ジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)などの作品に参加したにも関わらず、それらについて正当な報酬を受け取っていないことを不服としている模様。

ピットブルはスペイン語を交えたテンションの高いラップと、オールドスクール・ヒップホップやダンスホール、レゲトンなどを取り込んだパーティトラックで人気を集めるラッパー。