bmr

bmr>NEWS>ヤング・ジージーがチャリティ活動で車椅子用のバンを自費で寄付。

NEWS

ヤング・ジージーがチャリティ活動で車椅子用のバンを自費で寄付。

こわもてなスタイルで人気のギャングスタラッパー、ヤング・ジージー(Young Jeezy)がチャリティの一環として、障害のある子供の家庭に車椅子対応の車をプレゼントした。

これはヤング・ジージーがMake Your Dream Come True(あなたの夢をかなえよう)というキャンペーンを行ったもので、彼は応募者のなかからノースカロライナのTamara Jenkins-Wilsonの「夢」をかなえた。Jenkins-Wilsonの息子Davon Jenkinsは脳性マヒのために車椅子で生活しているが、彼女の夫は軍人でイラクに派遣されておりDavonを外に連れ出すのが困難だったという。そこでジージーは車椅子対応の車を彼女にプレゼント。息子のDavonにも、自身の経営するアパレルブランド、8732の商品一式に彼のニックネーム「Speedy」という刺繍を入れて手渡したという。