bmr

bmr>NEWS>マース主催によるアンダーグラウンド・アーティスト集結のライブが大人気に。

NEWS

マース主催によるアンダーグラウンド・アーティスト集結のライブが大人気に。

今月8日に新作"The Gathering"を発表したばかりの西海岸の超インディペンデント・ヒップホップ軍団リヴィング・レジェンズ(Living Legends)のメンバーで、ソロでも活躍するマース(Murs)が主催するイベントPaid Duesが着実にその勢いを増しているという。

このPaid Duesはマースナインス・ワンダー(9th Wonder)がホストを努める人気のライブイベントで、今年で3回目。既に先月末にカリフォルニア州サンバーナディーナで開催された公演がソールドアウトの大盛況となったため、さらにファンの要望に応えるかたちで6月4日のニューヨークを皮切りに、フロリダ州フォートローダーデール、デンバー、サンフランシスコの4日程での追加公演が決定した。

マースが「アンダーグラウンドで支持されているヒップホップアーティストを大集合させてファンを喜ばせたいね」と語るとおり、ナインス・ワンダーとのコラボアルバムを再度発表するブート・キャンプ・クリック(Bootcamp Clik)のバックショット(Buckshot)や、リトル・ブラザー(Little Brother)、ハイエログリフィクス(Hieroglyphics)、クール・キース(Kool Keith)、[キッズ・イン・ザ・ホール](Kidz in the Hall)などが参加を表明。さらにラキム(Rakim)、デ・ラ・ソウル(De La Soul)、GZAブラッカリシャス(Blackalicious)、スーパーナチュラル&スクラッチ(Supernatural & Scratch)、ブレイル(Braille)などのゲスト出演も予定されている模様。

Paid Duesの共同主催者であり、今や全米規模に成長したRock The Bellツアーの仕掛け人でもあるGuerilla Unionのチャン・ワイズバーグ(Chang Weisberg)氏は「独自の路線でライブ活動を行っているマースと一緒に仕事ができることを光栄に思っている。我々はアンダーグラウンドシーンを代表するパフォーマーによるイベントとしてこのイベントを世間に浸透させるつもりだ」とコメント、さらにマースは「これからはヒップホップに良い季節だ。皆で楽しもうぜ」と語っている。(t)