bmr

bmr>NEWS>BETアワード、[カニエ・ウェストとUGKが2部門]ずつを獲得。

NEWS

BETアワード、[カニエ・ウェストとUGKが2部門]ずつを獲得。

24日、ロサンゼルスのShrine Auditoriumで開催された今年のBET Awards授賞式で、最多受賞となったのはカニエ・ウェスト(Kanye West)と昨年末にメンバーのピンプ・C(Pimp C)が他界したサウスのベテランラップデュオUGKの2組で、2部門ずつの受賞となった。

カニエ・ウェストが最優秀男性Hip-Hopアーティスト賞とT-ペイン(T-Pain)をゲストに迎えた"Good Life"で最優秀コラボレーション賞を、UGKが最優秀グループ賞とアウトキャスト(Outkast)をフィーチャーした"International Player’s Anthem"で最優秀ビデオ賞をそれぞれ受賞、受賞スピーチにピンプ・C夫人と共に壇上に上がったバン・B(Bun B)は、「ピンプ・Cがここにいない事実を受け止めきれないが、これまで支えてくれた皆に感謝したい。UGKピンプ・Cも永遠だ」と述べた。

他には、男性/女性R&Bアーティスト賞はそれぞれクリス・ブラウン(Chris Brown)とアリシア・キーズ(Alicia Keys)に、女性Hip-Hopアーティスト賞はミッシー・エリオット(Missy Elliott)に贈られたほか、視聴者賞は最新アルバム"Tha Carter III"が発売1週間で100万枚突破という驚異的セールスをあげたリル・ウェイン(Lil’ Wayne)が獲得した。

毎年注目のライブパフォーマンスでは、客演のみで最多5部門からのノミネートを受けていたT-ペインが、カニエはもちろんフロー・ライダー(Flo Rida)、リック・ロス(Rick Ross)、リュダクリス(Ludacris)、ビッグ・ボーイ(Big Boi of Outkast)らと次々にコラボ曲を披露。サーカスのような派手な演出で会場を大いに沸かせた模様。授賞式を締めくくったのは時の人リル・ウェインで、No.1ヒット曲"Lollipop"と新曲"A Milli"をメドレーでパフォームしたという。(t)