bmr

bmr>NEWS>[ジェイ・ZがMLBニューヨーク・ヤンキースの経営者]に?

NEWS

[ジェイ・ZがMLBニューヨーク・ヤンキースの経営者]に?

アーティトとしてのみならずビジネスマンとしても大成功し、Def Jam RecordsのCEOをはじめアパレルブランドRocawearやバスケットボールチームNew Jersey Netsなど、現在までに様々な事業の経営に携わってきたジェイ・Z(Jay-Z)だが、今度はニューヨーク・ヤンキースの経営に参加する可能性があるのだという。

これはロンドンのTime Out誌にジェイ・Z本人が語ったもので「ある人物から昨日、『ニューヨーク・ヤンキースの経営権の一部を買える人を探している』って話をされた。『それで君と話がしたい……』とかいろいろ。確かに俺はニューヨーク・ヤンキースがすごい好きなんだけど、まだその話の最中だから、何にもならないかもしれないけどね」と語っている。

ジェイ・Zはこれまでにも数多くのビジネスを展開しており、メジャースポーツチームへの出資、それを観戦するスポーツバーの経営なども行っている。2005年にはイギリスの人気サッカーチーム、アーセナルについても経営権取得について提案があったことも認めているが、こちらは実現には至っていないという。