bmr

bmr>NEWS>自伝の執筆契約を交わした[フォクシー・ブラウンとリル・キム、共に契約不履行]で訴えられる。

NEWS

自伝の執筆契約を交わした[フォクシー・ブラウンとリル・キム、共に契約不履行]で訴えられる。

女性ラッパーのなかでもベテランとして知られるフォクシー・ブラウン(Foxy Brown)とリル・キム(Lil’ Kim)が、今月24日にアメリカの出版社Simon & Schuster社からそれぞれ訴えられた。それぞれの訴えは別件扱いだが、Simon & Schuster社によれば2人は数年前に同社が出版する本での執筆を承諾して一部契約金の支払いを受けたにも関わらず、未だに執筆を完了していないという。

フォクシー・ブラウンは2005年に翌年2月までにという契約で自身のサードアルバムと同じタイトルの自伝"Broken Silence"を執筆を承諾し、すでに前金の7万5千ドル(約810万円)を受領。またリル・キムも2003年に翌年6月を期限として自叙伝の執筆を約束してすでに4万ドル(約430万円)を受け取っているとのことだが、共に執筆は完了しておらず、Simon & Schuster社は今後もその見通しは立っていないと判断したために今回の起訴に踏み切ったようだ。

この事態に対しリル・キムの弁護士は現在も彼女は執筆に対して前向きに考えているとし、今回の訴えを起こしたSimon & Schuster社に対して遺憾の意を表明。フォクシー・ブラウン側からのコメントは現在確認されていない模様。(i)