bmr

bmr>NEWS>米Billboardが50周年を記念して[総合アーティストランキングベスト100]を発表。

NEWS

米Billboardが50周年を記念して[総合アーティストランキングベスト100]を発表。

ポップミュージックの人気の尺度としての権威を確立している米音楽誌Billboard誌が、1958年の創立以来50周年を記念して、50年分のチャートを総合したベストアーティストランキングトップ100を発表した。

これは1958年8月付けから、2008年7月26日付けまでのチャートを、ラジオの影響力やCD売り上げの集計など様々な時期ごとの要素を配分、調整しながら換算したもの。堂々のトップはビートルズ(the Beatles)で、3位のエルトン・ジョン(Elton John)、4位のエルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)をかわしてなんとマドンナ(Madonna)が2位にランクイン。5位にはスティービー・ワンダー(Stevie Wonder)、6位マライア・キャリー(Mariah Carey)と続き、ジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)が兄マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)を8位に退け7位と、随所に意外な結果が見えるランキングとなっている。

ちなみにトップ10は9位ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)、10位ローリング・ストーンズ(Rolling Stones)で、ぎりぎりランクインとなる100位はサイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel)だった。またラッパーとしては84位にネリー(Nelly)、88位に50セント(50 Cent)がランクインしている。

Billboard Hot 100 50周年 オールタイム・トップアーティスト100 (英語)
http://www.billboard.com/bbcom/specials/hot100/charts/top100-artists-20.shtml