bmr

bmr>NEWS>ファレル・ウィリアムス、マイクロソフト社の秋の広告キャンペーンに出演。

NEWS

ファレル・ウィリアムス、マイクロソフト社の秋の広告キャンペーンに出演。

今年はN★E★R★D(N.E.R.D.)としての新作"Seeing Sounds"もリリースしたトップヒットメーカー、ファレル・ウィリアムス(Pharrell)が、米マイクロソフト社が制作に3億万ドル(約300億円)をつぎ込んだとされる『ウィンドウズ』の秋の広告キャンペーンに登場することとなった。

当初、マイクロソフト社のビル・ゲイツ(Bill Gates)会長自らとコメディアン兼コメンテーターのジェリー・シーンフェルド(Jerry Seinfeld)がさまざまなシチュエーションで会話を楽しむテレビCMが放映されていたが、わずか2週間足らずでファレル・ウィリアムスと‘スピリチュアルヒーラー’医学博士ディーパック・コプラ(Deepak Chopra)、女優エヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria)によるものへの差し替えが決定された模様。この突然の変更に対して、「視聴者の反応が薄かったため」との声が上がる中、マイクロソフト社は「すべて予定通り」との声明を発表した。

ファレル・ウィリアムスは、以前、英国マイクロソフト社のXbox 360ゲーム"Halo 3"のCMにも出演している。(t)