bmr

bmr>NEWS>経済誌フォーブスによる[ミュージシャン長者番付、ビヨンセが8千万ドルで2位に。]

NEWS

経済誌フォーブスによる[ミュージシャン長者番付、ビヨンセが8千万ドルで2位に。]

米経済誌Forbesが今年も「ミュージシャン長者番付」を発表、1位のポリス(the Police)に続いて2位に推定8,000万ドル(約84億円)を稼ぎ出したビヨンセ(Beyonce)がランクインした。

ビヨンセは売り上げが50億円を越えたというワールドツアーや、映画出演、アルマーニやロレアル、アメリカン・エキスプレスといった企業の広告出演に母親とのアパレルブランド運営と様々なビジネスから収入を得ているという。

また4位にはジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)がランクイン。作品のリリースはなかったジャスティンだが、ペプシなどの広告出演料、ライブツアーからの収入などから4400万ドル(約46億円)を得た模様。6位にはアルバムリリース、ツアーと多忙を極めるマドンナ(Madonna)がランクイン。そのほかトップ10にはロック/ポップス系アーティストが多く並んでいるが、特に1位のポリスをはじめ、ジェネシス(Genesis)やセリーヌ・ディオン(Celine Dion)といったベテラン勢の活躍が目立っている。

ちなみに8月には同誌による「ヒップホップ長者番付」も発表されているが、こちらでは50セント(50 Cent)が1億5,000万ドル、ジェイ・Z(Jay-Z)が8,200万ドルで2位といったランキングになっており、ヒップホップスターは今回の選考対象からは外されていたようだ。