bmr

bmr>NEWS>[バスタ・ライムス、ライブのために訪れたロンドンで入国拒否される?]

NEWS

[バスタ・ライムス、ライブのために訪れたロンドンで入国拒否される?]

人気ラッパーのバスタ・ライムス(Busta Rhymes)がロンドンのヒースロー空港で、一度は犯罪歴を理由に入国許可が下りないという事態に陥った。しかし結局は地方裁判所の裁定により入国することができた模様。

バスタ・ライムスは26日に開催されたOrange RockCorps charity concertに出演するために渡英、昨年2度に渡る渡英時は問題なく入国できたにも関わらず、今回は入国審査で許可が下りなかったという。このためバスタ・ライムスのエージェントはオランダ、アムステルダムへの移動を検討したとのことだが、この入国保留が一般に報じられるや担当判事Justice Flauxが移動を禁止。結局は入国を許可されたという。

バスタは入国後に現地のラジオ番組に出演、「テロへの警戒のために警察やカウンターテロ部隊が空港にいるのは当たり前になったが、今回入国審査に行ったら既に2、30人は警察がいた。何か起きるとわかってるみたいだったね。(中略)ただ確認しておきたいのは空港のスタッフや事務官の対応はとても丁寧だったということ。オレは好きなように食べることもできたし、テレビを見ながら待っていたよ」と現地での模様を語った。

バスタやジョン・レジェンド(John Legend)らが出演したこのチャリティコンサートは、ボランティア活動を行ってきた5,000人の人々への慰労を目的としてロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催。一時はバスタ・ライムスの代わりに急遽リュダクリスを呼び寄せることも検討されたという。