bmr

bmr>NEWS>ディディ、100万ドルでNY名物の新調を提案。

NEWS

ディディ、100万ドルでNY名物の新調を提案。

不況知らずのヒップホップビジネスマン、ディディ(Diddy)が、昨年タイアップ契約を結んだ英飲料メーカー、ディアジオ社と共に、ニューヨーク市タイムズスクエアのカウントダウンイベントで使用される「ニューイヤーボール」を、従来のクリスタルのものから同社の高級ウォッカ Cirocのラベルと同じ青色ののボールに新調すること打診しており、この申し出が受け入れられた場合には100万ドル(約9,000万円)を寄付すると申し出ているという。

「ニューイヤーボール」とはニューヨークはマンハッタンの中心部、タイムズスクエアで新年を迎えるカウントダウンイベントの際に使用される、球形の電飾が施された飾り付け。100年以上の歴史のなかで、徐々に姿を変えてきたこの「ボール」、一時はニューヨークの通称、「ビッグアップル」からリンゴ型に飾り付けられたこともあったという。現在はLEDを光源として1670万色もの変幻自在なプログラミングが可能になっているこのボールを、ディディらはウォッカのプロモーションに使いたいと申し出たことになる。Cirocのラベルに使用されている淡い青色は、ワインの産地として知られるフランス南西地方ガイヤック地区に古くから伝わる植物に由来しており、『豊かな土地』の象徴とされているという。

ディディは「Cirocは、NYの世界的に有名なカウントダウンイベントを象徴するのにふさわしい。伝説に基づいたブルーのボールがNYに実り豊かな新たな一年をもたらすだろう。全米中に俺の提案するお洒落な祝福の時を楽しんでもらいたいね」とコメントを寄せた。現時点では、ディディの『ニューイヤーボール』が採用されたかは発表されていない。

今年のカウントダウンでディディ本人は、マイアミのクラブFontainebleauでマルーン5(Maroon 5)のアダム・レヴィーン(Adam Levine)らと共にニューイヤーパーティを開催予定とのこと。(t)