bmr

bmr>NEWS>ドクター・ドレーの息子、死因は薬物過剰摂取。

NEWS

ドクター・ドレーの息子、死因は薬物過剰摂取。

昨年8月23日に死亡しているのが発見されたドクター・ドレー(Dr. Dre)の息子、アンドレ・ヤング・Jr(Andre Young Jr.)の検視結果が公表され、死因が薬物の過剰摂取だったことが明らかになった。

People誌によると、検視局の広報官は「モルヒネとヘロインの中毒による事故」と断定、事件性はないと見て捜査は終了したという。ヒップホップシーンを代表するスーパープロデューサーであるドクター・ドレーとジェニタ・ポーター(Jenita Porter)という女性との間に生まれたアンドレ・ヤング・Jr.は享年20歳だった。